Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後に

 前回のエントリの末尾にも付記を入れましたが、その後のやり取りも含めたまとめを作成していただきました。想像以上に酷いことになっています。


  https://togetter.com/li/1198019

 
 さすがに前回のエントリのままで終わりになるのはいくらなんでもと思い更新しましたが、同じような突発的な状況が起きたときに対応する以外に通常の記事を更新することは、「再開未定」ではなく「二度とやらない」ことに決めました。
 今回の件でも不愉快なことは複数あったのですが、その中でもとりわけ気になったのが、私が個人的な愚痴を書いている部分もあるということ自体が、悪いこととして否定し罵倒までしてくる人々が複数いたことです。
 完全に個人が運営している個人ブログに個人的な疑問・感想の類を書いて何が悪いのかさっぱりわからないのですが、これを頭から否定する人々は、自分ではそういうことはいっさいしないのでしょうか。中には、今まで有益な情報を含む記事を書いていたことを肯定しつつ、それとは違うものとして、私の個人的感想が書かれていることを否定するようなケースさえありました。
 自分に利益をもたらしてくれるという理由で他人を称賛するというあつかましさも、他人が個人的感想を書いている領域に図々しくも踏み込んできて罵倒しつつ、個人的行動をすること自体を否定する尊大さも、私の理解を越えています。
 なされている議論の内容に対して批判があるというのはわかりますが、個人のパーソナルスペースでの振る舞い方の水準の話にまでずけずけと踏み込んでくるような身勝手なことがなぜできるのか、私には全くわかりません。
 そのようなこともあり、このような人々が無償の記事から何らかの利益を引き出すことができ、堂々と収奪・搾取する隙を与えるような行為は、金輪際やらないと決めた次第です。


 最後になりますが、今年に入ってから書いた『キン肉マン』に関する二つの記事は、文章そのものは走り書きにすぎないため全力で書いたものとは言えませんが、私の思考の全体像を素描したものにはなりえています。
 そして、実はあの文章は、私の中では、カサヴェテス論と同じ文脈の元にあります。近代社会の中での位置づけとしてとして、前者における「プロレス」と後者における「芸術」とは、同じ役割を果たすものとして捉えられています。
 つまり、『キン肉マン』に関する議論は、言ってみればアタル版マッスル・スパークのようなもので、まだ半分しか完成していない。これをカサヴェテス論と統合することで真のマッスル・スパークが完成するわけですが……その統合のための鍵は、ジル・ドゥルーズの『シネマ』における、「アメリカ」の概念の批判的な検討にあります。その上で、ドゥルーズにおける映画をコミックに置き換えるわけです。
 既にこのブログに何度か書いてきましたが、diptychとは、二枚一組の絵です。つまり、覚え書きをストックしているのにすぎないブログ記事とは別に、全てを統合した「もう一枚」があるわけです。そして、その統合した全体像は(まだ手直しは必要なものの)既にほぼ完成して存在しているわけですが、これはもはやどこにも出しようがないですな。



関連記事


コメント

待っています

以前からブログを愛読している者です。

先日のブログ更新休止宣言に大変残念な思いを持っていたものの、カサヴェテスの作品は「アメリカの影」「グロリア」程度しか観ていないことから、思うところがまとまらず、休止宣言後にコメントを書くのはこれが最初です。
この度、「再開未定」ではなく、「二度とやらない」ことについて、「藤田め・・・」と一度は思い、翻意してもらえないかなあ、と一瞬は思ったのですが、TogetterのまとめとTogetter記事へのコメントを見て、これはもう再開しないのも無理はない、と考えるに至りました。

藤田直哉氏の態度ですが、これはもう論外の卑怯な応答としか言いようがありません。かつての福嶋某氏の応答もそうですが、「プロ」の批評家が根拠も示さずに「プロ」の側にいない人物によって書かれたものに対して全否定をすること(つまりは「お前はこちら側に入ってきてはならない人間である」というメッセージ)は、とりも直さず批評を秘教化する意図に他なりません。
書き手を志す者がこの振る舞いを見たらどう思うでしょうか?「睨まれたらおしまいだ」とばかりに彼らの評価軸に沿った、顔色を窺った批評が量産されるばかりでしょう。「どこが悪かったのか教えを乞うなら答えてやってもいい」という藤田氏の応答はただ批評を、痩せたものにしかしない抑圧的な行為でしかありません。過去の発言との矛盾もひどいものですね。格好のいいことを言い、言い繕いをするために、批評という枠組みを利用しているだけなら、それは批評の名に値しません。文章の質の向上に心血を注ぎ、承服し難い批判に対してはなんと言われようと愚直に問い糾すHoward Hoaxさんに、私は真の批評の姿を見ます。
そして、Togetterのコメント欄を見て、更に私の絶望は深まりました。批評を読み解く力もない、口だけ達者で高みに立った自尊心だけの輩が、「どっちもどっち」式の知ったふうなコメントを並べ立てていて、さらに醜悪極まりないものでした。

つまりは、無料の世界というのはこれほどに低レベルなものなのか、ということを改めて思い知ったということです。その掃き溜めにあった数少ない信頼に足る本ブログが読めなくなるのは、心から残念ですが、飛び立つ鶴に対しては、私は溜息をつきながら見送ることしかできません。

私がまたHoward Hoaxさんの文章が読めるようになるとき、それは、きっとHoward Hoaxさんが自分の名前で批評家として出発するときなのだと思います。そのような時は必ず来なければなりません。予てから私は、Howard Hoaxさんに既にプロの批評家として出発するに十二分な実力があると信じて何の疑いも持っておりません。どうか、腐らず、ずっと書き続け、そして世に問うてください。あなたの言葉を待つ読者がいることを、どうぞ、お忘れなきよう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howardhoax.blog.fc2.com/tb.php/256-87cca4a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Howard Hoax

Author:Howard Hoax
 読んだ本、見た映画の感想をつづるブログ。基本的にネタバレありです。

 

全記事表示リンク

広告

 

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

広告

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。