Latest Entries

『大江健三郎全小説』の刊行は日本の文学史に残る事件だが、それは必ずしも喜ばしいことではない

 『大江健三郎全小説』が全十五巻で刊行されるということを、私は大きな驚きとともに受け止めた。この作品集においてなによりも重要なのは、初出の「文學界」に掲載されて以来一度も単行本化されてこなかった「セヴンティーン第二部 政治少年死す」が、遂に書籍の形で初めて出版されるということ、のみならず、それらが収録される第3巻がわざわざ初回配本になることが予告されたことだ。……さらには、第4巻の収録作……『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』と『みずから我が涙をぬぐいたまう日』に加えて、『水死』! ……うおー、そうきたか~。この第4巻、これは完全に、およそ日本語で書かれたあらゆる文学作品の最高到達点が結実してしまっている凄まじいものだ。

 収録内容についてだけでも感想はいろいろあるのだが、いずれにせよここにあるのは、著名な小説家が過去の自作を異なるフォーマットで改めて出版するというただそれだけの純粋に文化的な活動が、同時代的な政治状況への強烈な意思表示にもなりえているという事態だ。

 現在の日本で進行しつつある状況は、極めて無惨なものだ。何年か前に、大江自身が中野重治の言葉を引いて「わたしらは侮辱のなかに生きています」と述べたことがあるが、それ以降、さらに状況は日に日に悪化しつつある。端的に言って、もはや日本に住む我々は、近代的な法治国家の体制を最低限維持することすらできていない。権力者の都合で刑事犯罪の被害者であることがなかったことにされるということは、単に一個人の問題ではない。潜在的にはそれが任意の誰にでも起こりうるということは、日本国民は成文法による保護を既に受けていないということだ。我々の人権は、既に不等に剥奪されている。クーデターは、既に成し遂げられているのだ。

 そんなことを考えつつ暗澹たる気持ちで日々を過ごしている中であったからこそ、おそらくは長年の苦渋の果てにこの時点で決断を下した大江健三郎という小説家の存在は、少なくとも私にとっては、一縷の希望となった。自らの作家生命の全てを投げ出すリスクを負ってもなお、現在のこのタイミングでなしておかなければならないことがある。……そう、既に我々の人権は剥奪されているのなら、既にあって当たり前の何かを守るための闘争などというものは既に存在しない。単純に、もはや何ものをも持たざる者として、自分の生存を勝ち取るために最初から最後まで捨て身で闘えばいいだけのことだ。

 大江健三郎が、若き日に書いた「政治少年死す」という作品の磁場に再び立ち戻るということには、人にそう思わせるだけの威力があるのだ。





 大江健三郎の「政治少年死す」という作品は、単に小説としてのよしあし、その美学的判断の問題だけを取り出して論じることができるようなものではない。だからこそ、改めてこの小説を再版することがそれだけで政治的意味を持ってしまうのであるが、にもかかわらず、大江を論じるにあたって政治的問題を勝手に留保して小説としてのよしあしだけに言及する(ことが可能だと思いこんでいる)者は後を絶たない。

 軽くネットを検索してみたところ、今回の『大江健三郎全小説』の刊行にあたっても、既に同様の反応はちらほら発生しているようだ。たいてい、この手の者は(自分の見識眼の優越性を示すためであろうか)書誌的な体裁の部分になにかしら難癖を付けるところから入るのであろうが、まず間違いなく、的外れなことしか言わない。……まあ、そもそも政治的問題を切り離せない作品を取り上げておいて政治的問題を切り捨てて語ってしまうようなことを平気でする者は初手からして間違えているのだから、何かしらの有益な言説を期待する方がそもそも無駄なのであろう。

 「政治少年死す」という小説は、単純にそれを読もうとアクセスするだけの段階ですら、既に政治的問題をはらんだ状況に多かれ少なかれ巻き込まれずにはいないような作品としてあり続けてきた。そのことを具体的に示すために、私の個人的な体験をここに記録しておこうと思う。

 それは、私が「政治少年死す」の初出の「文學界」一九六一年二月号の現物を閲覧しようと、広尾にある都立中央図書館に赴いたときのことであった。当然のことながら開架されてはいない古い雑誌の閲覧を申し込んだところ、私に対応した図書館員が、くどくどとこの雑誌の取り扱いに関する注意事項を並べ続けることになった。それは主に、古い雑誌であるゆえに破損しかねないからコピーを取ることは厳禁、ということであったのだが、そこからの流れとして、なぜか私が座る座席も明確に指定され、一挙主一動作を図書館員に監視されながらでなければ閲覧できないということになった。

 その時点でもなんとも言えない胡散臭さを感じてはいたのだが、そのまま「文學界」を読み進めてしばらく後に、何が起きているのかにようやく気づき、自分のうかつさを思い知らされる出来事があった。私を継続して監視していた図書館員が交代する時間になったらしく、他の人物がやってきたのだが……その引継の際、「あそこにいるあの人、例のアレを読んでるから」と小声で囁くのが聞こえてきたのである。

 よくよく考えてみれば、雑誌の保存状態を理由としてコピーを禁止する措置が取られているというだけのことなら、閲覧のために座る座席まで指定されるということが、およそおかしな話であったわけだ。……国内で商業出版された雑誌を調べるというだけの個人の活動を公共の図書館が妨害し、特定の作品の流通を阻止するーーそれも、対象が、よりによって自国が輩出したノーベル賞作家の作品であってさえもーーなどということは、もちろん、あってはならないことだ。そして、あってはならないことだからこそ、建前の上では、図書館が言論弾圧や自主規制をなしたのではなく、あくまでも雑誌の保存状態を維持するためのしかるべき措置がなされているだけのことなのである、その建前を建前として貫き通すことすらできていないわけであるが。

 この出来事自体は既にだいぶ以前のことであるが(「これが、都の公務員がやることなのか……さすがは石原の手下どもだぜ!」と思ったことは覚えているので、石原都政の時代であったことは確かだ)、その後の日本がたどった道筋は、このような、「自主検閲であることそのものがなかったことにされた上でなされる自主検閲」がより一層強化されていくことであったと言えるだろう。

 そして、現在起きつつあることは、そこで最低限度維持されていた建前すら、破壊し取り除こうとすることであるわけだ。





 改めて繰り返すが、以上のような状況において大江健三郎が「政治少年死す」を初めて書籍化する、それをわざわざこのタイミングで発表するということは、それ自体が大きな政治的意味を担う行為である(……改めて、発表された表紙を見てみると、「セヴンティーン」が「セブンティーン」と表記されていることに不安を隠せないのも事実なのだが、校正の段階すらすっとばして、わざわざ現在の状況に合わせて発表を急いだのかもしれないと、とりあえずは好意的に考えておくことにする)。

 「政治少年死す」という作品において、その小説としての純粋に美学的・技術的な価値と社会的な文脈の内部での政治的意味とは分離できないという旨のことを、既に私は何度も記した。ではこの作品は、そもそもいかなるものなのか。

 中篇小説「セヴンティーン第二部 政治少年死す」は、もちろん、「セヴンティーン」の続編である。そして、大江のキャリアを振り返ってみるならば、学生時代にプロの小説家としてデビューして以来の活動が「セヴンティーン」において最も見事な形で結実しており、大江初期の集大成とも言える仕事になっていることは確かなことだ。

 だが、大江が大江たるゆえんは、そのような仕事の続編でありながら、「政治少年死す」において自分のそれまでの歩みの集大成を自ら粉々に破壊し、小説家としての自分が依って立つはずの足場を完全に解体しているということにある。少なくとも日本語で書かれた小説の中で、こんなことがなされたことは唯一無二のことであるはずだ。

 初期の大江健三郎と言えば、当初から確立されていたその特殊な文体の美徳がしばしば取り沙汰される。当時二十代前半の大江自身と重なる部分が多い語り手が一人称の形式を取ることによって作品は成立するーーそして、そこで語られる内容はと言えば、フランスの実存主義に大きな影響を受けつつ戦後世代の内面を描き出し、武田泰淳を始めとする第一次戦後派が取り組んだことを「政治的人間」としつつ、そのようになりきれない自分の世代を「遅れてきた青年」と呼び、その実存を「性的人間」として「政治的人間」へと対置したのであった。

 「セヴンティーン」が題材とするのは、現実に起きた社会党の浅沼稲次郎委員長の暗殺事件の犯人たる右翼の少年の来歴である。一人称の視点からなるこの小説は、右翼となる以前に、現実世界で何のヴィジョンもなくみじめな生活をおくるこの少年が、右翼へと目覚めることによって脆弱な自我を鎧で固めることになる、そのプロセスを暴き出していく。

 ここでは、ある一個人の内面の変化を丹念に追うことで、「政治的人間」と「性的人間」という異なるあり方の間での揺れ動きを統合することに成功している。だからこそ、私はこの作品をして初期の大江の集大成とみなすわけだが……これに続く「政治少年死す」において大江自身がこれを自ら打ち砕いたとするのならば、なぜ大江はそんなことをしなければならなかったのか。

 「セヴンティーン」という小説は、単に自分の弱く臆病な自我を塗り固めるためだけに右翼に目覚めるような人間の醜悪さを徹底して暴き立てている。しかし、その内面は主人公自身が話者となって一人称の形式で語られるものである以上、話者とは区別される作者の審級にいる大江自身は単に一方的に作品をコントロールしているだけである。……つまり、大江は他人の弱さを暴きそれをあげつらってはいるのだが、他社の内面に裁断を下す自分自身がいかなる資格においてそれをなしうるのか、一方的にメタ的な立場に立っている作者自身のあり方が問われることはない。

 初期の大江健三郎とは、単に才能で書いているだけのよくできた物語作者にすぎない。そこには、小説の形式性に対する自己言及的な検討はない。むしろ初期の大江だけをよしとする言説には私もこれまでさんざん触れてきたが、残念ながら、初期の大江作品は、その主要な元ネタの一つであるピエール・ガスカールなんかと比べてしまうと、全く大したことのないものだと言うほかない(とはいえ、サルトルの小説の模倣として書きながらサルトルを凌いでしまうような部分なんかはやはり凄いのだが)。

 そんな大江が、小説の形式性に自覚的であることを初めて強いられた作品こそが「セヴンティーン」であったのだと、私は考えている。……なるほど、確かに一人称小説としては「セヴンティーン」はよくできている、しかし、何も考えずにただ素朴に一人称の形式を選択している限り、作品が対象とする個人に一方的に裁きを与えることにしかならない。

 ……だからこそ、「政治少年死す」において大江がなしているのは、むしろ自己批判なのである。その媒体が小説であれジャーナリズムであれ、特定個人の内面を暴き立てその立場に非難を加える者は、いったいいかなる資格でそれをなしえると言うのか。己の立場をいっさい不問に付し一方的な攻撃だけがなされるのは、小説にせよジャーナリズムにせよ、最初から型が固定したただの武器として用いられているのにすぎない。

 右翼の内面の弱さを暴くのであれば、それと同時に、それを暴く側の内面の弱さをも暴かれなければならない。書く側と書かれる側とは同一平面上に置かれるのでなければならず、あくまでその立場を前提として、それでもなお否定されるべきものがあるのならば、そこから改めて否定がなされなければならない。

 しかし残念ながら、この時点での大江は、そのようなことをなしうるだけの小説の技術を持ち合わせていない。結果として、「政治少年死す」の作品としての構成は、無惨に破綻する。

 純粋に技術的・美学的にのみ見た場合、「政治少年死す」は、端的に言って、小説として成立していない。しかし、作者自身が過去の集大成たる自作を破壊したその残骸の中に現れたのは――右翼であれ左翼であれ、政治的立場の依って立つところの言葉を突き詰めるのならば、詩の言葉との必然的な結びつきが現れてくるということなのであった(大江が小説の言葉と詩の言葉との相関関係そのものを小説化することに技術的に成功するには、『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』まで待たなければならないだろう)。

 単に個人の内面の閉じた世界を問題にするのではなく、現実世界の流動するありさまをも見据えて自分がなすべきことをしようとするのであれば、小説家は、自らの用いる言葉のあり方を自己言及的に不断に検討しなければならない。大江がそのような第一歩を記した初めての作品であるゆえに失敗作となったのが「政治少年死す」であったのだ。

 だから、私は、大江健三郎という小説家の実質的な出発点は「政治少年死す」であるのだと見なしているし、大江の作家活動の総体を肯定するためには、そのような立場しかありえないと考えている。





 大江のその後のキャリアをたどってみると、「セヴンティーン」と「政治少年死す」の間でなされたことは、『万延元年のフットボール』とそれに続く『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』においても繰り返されている。……大江がどのようなことを成し遂げて世界的な水準で仕事をする小説家となったのかを知るのは『芽むしり仔撃ち』「セヴンティーン」『万延元年のフットボール』を読めばおおよそのことはわかると思うが、しかし、むしろ「政治少年死す」と『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』で自分の依って立つ足場を自ら破壊するその姿にこそ、大江の核心があると私は考える。

 そういう意味では、『大江健三郎全小説』の発行によって、ようやく、大江のキャリアの真の姿が公式に確認できることになる……などと思っていたところだったのだが、刊行案内を改めて読んでみると、この全集には「わかりやすい解説を付して」出版することになるのだとか……。

 「わかりやすい解説」などという言い回しにも、妙に引っかかるものがあるが……それ以前の問題として、これを見た瞬間に反射的に思い浮かんだ本音を書いてしまうと、「おれに書かせろやぁー!」というものであった。

 はっきり言って、現在の日本で、大江健三郎の小説を精密に読解しつつ全集に公式に書く資格もしくは能力を備えた書き手などというものは、ほぼ皆無であろう。仮に全十五巻の全てに解説を付けてなおかつそれぞれ別人が担当するのだとすると、まともなメンバーが揃うことなど絶対にあり得ない。間違いなく、悲惨なラインアップになることが目に見えているのである。

 このことに関しては、大江自身にもなにがしかの責任はある。まともな読解力がない、もしくは、基礎的な最低限の文学に関する素養がない、もしくは、その両方、などという人々が「小説のプロ」であるということになんとなくなっていっても、とりわけ下の世代に厳しくあたってプロの水準を保つようなことを大江はしてこなかったのだから。

 こういう状況で私が思い出すのは、大江がノーベル賞を受賞した際にナディン・ゴーディマが記念に寄せたエッセイである。群像の増刊号に邦訳が載ったその文章を、ゴーディマは次のように書き始めている。





 一九九四年のノーベル文学賞受賞者が大江健三郎氏であると知ったとき私は歓喜した。氏の受賞はここ数年来私が願い続けてきたことであった。彼はノーベル賞を受けるに値する基準を満たして余りある作家である。彼の洞察力と想像力は変貌しつつ輝き、ごく身近な人間的な言葉で、われわれの在り方をわれわれに向けて明らかにし、現代の精神状況を描き出している。これこそ人類の前進への貢献である。(「偉大な芸術への変容」、「群像特別編集 大江健三郎」所収、大西直樹訳、p81~82)





 ……まあ、お祝いの文章だから、これくらいのお世辞は言うだろうな……などと思いつつエッセイを読み進めると、ゴーディマの賞賛は続く。

 ところが、その結末に至って、ゴーディマは次のようなことを言い出すのである。





 最後に大江氏の人柄について述べよう。数年前、東京で大江健三郎氏と会ったときのことだ。私はノーベル・フォーラムに招待され東京にいた。そのとき大江氏は日本の若い作家たちの作品、とくに私の知らなかった女性作家たちの作品を私に紹介しようと一生懸命だった。その気前よい優しい心遣いには心暖まる思いがした。彼はその目的意識が自分の文学の枠を超えている作家であり、他の作家の意図を理解する点でも私は多いに感心させられた。しかし、今や他の作家たちが彼自身より面白い仕事をしているという彼の見解に私は賛成できない。帰国するときにこれらの作家の翻訳をできうる限り持ち帰り、またイギリスやアメリカでも他にいくつか手にいれた。確かにこれらには私の興味を引いたものもあったが、大江健三郎氏の示すオリジナルな視野の強烈さと、書き手としての絶妙な技量に迫るものはまったくなかった。(同、p83)





 ……ゴーディマ、単に本音を述べただけだったのか……。

 それにしても、気の毒なのはゴーディマである。大江の国内作家への甘い評価を真に受けて、時間を無駄に浪費してしまったのだから。

 こういう甘さは、大江はその後も継続的に続けている。例えば、尾崎真理子という読売新聞の記者がなぜかインタヴュアーをして刊行された『大江健三郎 作家自身を語る』という書物は、まさに最悪であった。……なにが最悪かって、なんとこの書物で、大江が南米に赴いた際に完全な偶然からフアン・ルルフォに遭遇してやり取りすることがあったという驚くべき挿話が語られているのだが、それはあくまで大江が一方的に語り出しただけのことで、聞き手の側は全く何の反応もしていないのである。

 いやいやいやいやいやいやいやいや、それ、もの凄い大事件だから……。おそらくこの聞き手はルルフォの名前すら知らなかったのだろうが、そもそもの話として、ルルフォすら知らんような者が一人前面して重要作家のインタヴューなんかするなって。そして、仮に知らなかったんだとしても、書籍化するんなら自分の無知に基づく甘い部分を調べ直し、大江に聞き直し、万全を期してからにしろやと。

 さらに驚くべきことは、私の知る限りの話ではあるが、この後、大江に直接話を聞ける立場の者がこのルルフォとの一件の詳細を確認しに行ったということも聞かないのである。後代のまとまな批評家なり研究者なりが大江の評伝を書く際にはとんだ災難としか言いようがない悲惨な事態なのだが、文学史の貴重な財産ともなりうる知見が失われかねないという認識すら、どうやら誰も感じてすらいないようなのである。

 それに、商業誌上で「小説のプロ」として大江自身に話を聞く者も、あるいは作品の批評を書く者も、小説の技術的な分析・検討をするということがほとんどないというのも困ったことである。例えば、ある一時期以降の大江が小説内の会話を鍵括弧でくくることがなくなったのは、まず間違いなく、バフチン的な意味での自由間接話法をいかにして日本語で成立させるかということがあるはずなのだが、私の知る限り、たぶん誰も言及していない。そういう小説の技術論について最も詳細に語っているのが大江自身で、全く何もわけわかっていない人々がなぜか大江の小説に裁きを下し、結果として完全なデタラメを流通させているわけだ。大江の直面する政治的問題は回避しておいて、純粋に審美的な話に限っておきながら、なおかつ純粋な技術の問題を掘り下げることの方もできないという、どうしようもない人々が、「小説のプロ」として大江作品を論じるなどということが平気でまかりとおっているのだ。大江健三郎という人は、本来、三島賞受賞会見の時の蓮實重彦とかより以上にブチキレていないとおかしいはずなのである。

 ……と、いうようなことを踏まえた上での、「おれに書かせろやぁー!」なわけですよ。





 そういう意味では、最低限度の基準にすら達しておらず「小説のプロ」の水準を押し下げる人々に全く厳しく当たることのない大江に比べれば、やっぱ蓮實重彦の方が教育者としては偉いな~と。だから私としても、解説の仕事をあえて蓮實にふるぐらいの飛び道具を出してくるんなら、納得もしますけれども。

 ただ、まあ、おそらくそういうことにもならないだろうと思うんで、これに関してはちょっと本気で取り組んでみようかな~などと思い始めました。なんか評論の賞とか取った上で、「おれに書かせろやぁー!」と吠えまくったら、刊行までまだだいぶ間がある以上、なんとかなりませんかね?

 というか、解説のメンツが発表されたとして、それが私の予想通りの悲惨なものだったら、それらの書き手がこれまで大江に書いてきた文章を念入りに検討し、どこがどうダメなのかを徹底的に糾弾し、大江の全集に公的な解説を書く資格などないことを自覚させ、個別に心を折っていき、自ら辞退に追い込めばいいんじゃないですかね? ……それか、刊行が始まっても、全巻の刊行が終わるまでにはだいぶ期間があるのだから、解説そのものを同時進行でボコボコにしていってもいいのかな?

 以前、私はこのブログでも文芸評論家(ということに一応はなっている人)をつかまえてボコボコにしたら、私の方が全力を出しているわけでもないのに全く相手にもならず向こうが逃亡しちゃったという件があったのだけれども、今回は、あの程度のことではすましませんぞ。

 そうやって、書く人が全くいなくなった状態でなら、「おれに書かせろやぁー!」も通りませんかねえ?

 ……まあ、いずれにせよ、小説の問題に関してそこまで仮借のない立場を取るということこそが、「政治少年死す」を本当に読み自分の中で消化したときに起きることでもあると思う。少なくとも、今回の『大江健三郎全小説』の刊行の発表でわかったのは……『芽むしり仔撃ち』の話者、あのあまりにも無謀にして無防備な少年の心は、やはりいまだに大江の内に残っていたのだということなのであった。














関連記事


コメント

更新お疲れ様です。
>「おれに書かせろやぁー!」なわけですよ。

とりあえずいくら出せば読めますかね?(財布から札を抜き取りながら)

しかし自分も専門家でもなく研究者でもないのでどこまで最近の論評の人たちがしっかりしているのかわかりませんが、「感想は人それぞれ」「だから文学は学問ではない」みたいな言説がなんとなく広がっている世の中で声を荒げて反論している人をほとんど見ていないので、「この人たちは大丈夫なんだろうか」という不安はありますねぇ。

>最低限度維持されていた建前すら、破壊し取り除こうとすることであるわけだ。

なんというかめっきり日本のサブカルだと見なくなった気がしますねぇ。殆どがその手の問題に触れないという。(触れたところ突然打ち切りなった作品もありますし)また個人的にはあれだけ騒がれてるのにまったく改善しようとしない痴漢冤罪は深刻だと思いますねぇ。

やはりただ非難するだけではなく行動で示さないといけないのかと、そしてそれこそが今日本だけでなくてどこの世界にも必要なんではないかと。

あと、余談なんですけど、フラッシュの「COLOR OF FEAR」読んでると、「シスコ! ケイトリン! ジョー! 早くバリーを助けてくれ~!!」とつくづくフラッシュファミリー、フラッシュチームの重要性を思い知りました……。

次回の更新も楽しみにしています!

大江健三郎に関する文章

howardhoax様

お久しぶりです、以前何度書き込んだことのある渡辺です。
大江健三郎に関する文章で、howardhoax様に読んでいただきたいものがあります。
「いぬのせなか座」という人達の、同人誌に掲載されたものです。

http://inunosenakaza.com/works1.html

以下で試し読みができます。
https://drive.google.com/file/d/0B3_FdUzPA-Ayd3E0eUJLa3JacWM/view

脳科学や荒川修作なども援用されていますが決して自身の文章を箔付けする為ではなく、深く結びついた形で組み込まれており、大江健三郎の小説に鋭く踏み込んで分析された、優れた論考だと思います。
是非ご一読を。

Re: タイトルなし

> サムがキャプテンしてて嬉しいR さん

 まあ日本のサブカルなんてそんなもんだろと僕なんかは思っちゃいますねー。外国起源のサブカルってのは、ほとんどが、メインカルチャーにアクセスできないマイノリティが作ってきたわけだから政治性を抜けるわけがないんですか、日本に輸入された時点でその辺に改変が加えられますからね。
 ジェフ・ジョンズの復帰作「ドゥームズデイ・クロック」も、大統領選の前後の状況を見て制作を決めたと断言してますけど、たぶん日本に入れられるときはそこはカットされるんだるうな〜と。
 それと、シスコとケイトリンはコミックの中には既にいるんで、扱いは難しいんじゃないでしょうか。シスコは消息不明だと思いますけど、ケイトリンに関しては、リバース後の展開でバッツがめっっっちゃえこひいきしてるので、「ブルース……あんた、もしかして、ドラマの「フラッシュ」見てるんか……?」とか思ってます。
 まあSTARラボ出身という設定はあるので「フラッシュ」にも出られるとおもいますけど、既にグレちゃってますから……。
 ジョーはもうコミックの方にも出ていいとは思いますね。


> 渡辺さん

 とりあえず試し読みの部分は読んでみました。確かにきちんと作品を読み込んだ上で書かれているとは思いますが、僕の納得する水準の大江論ではなさそうです。
 小説の素材たる言葉の問題を掘り下げると、散文の基底にある韻文の問題が出てくる。それは日本語だと和歌なんかの問題になり、それを掘り下げると天皇制の問題にまで突き当たってしまう。
 大江が小説の形式性と政治の問題が区分できない領域で書いているのに、そこを回避して小説のメカ二ズムを分析しようとしても、掘り下げきることができるとは思いません。
 それから、小説の分析としても甘い部分があると思います。大江のテキストが引用の集成として構成されることで何が起きているのかの記述がありますが、実はそれは単に大江作品で起きていることなのではなく、その技法自体がモダニズムからの引用であるわけです(だから、タイトル自体がエリオットからの引用になっている)。
 テキストの表面で起きている出来事であるかにみえることが実は引用であるという、さらに自己言及的な階層がもうひとつあるわけですが、そこがすっ飛ばされているということです。
 まあ、試し読みの部分しか読んでいないのでもっと深められた議論がその後続いているのだとしたら申し訳ないですが。ただ、試し読みとしてそこだけが読まれることもある形式で発表されている以上、そこだけで判断されてもしかたないとも思いますが。

というか、解説のメンツが発表されたとして、それが私の予想通りの悲惨なものだったら、それらの書き手がこれまで大江に書いてきた文章を念入りに検討し、どこがどうダメなのかを徹底的に糾弾し、大江の全集に公的な解説を書く資格などないことを自覚させ、個別に心を折っていき、自ら辞退に追い込めばいいんじゃないですかね? ……それか、刊行が始まっても、全巻の刊行が終わるまでにはだいぶ期間があるのだから、解説そのものを同時進行でボコボコにしていってもいいのかな?

以前何度かコメントした、塩見です。これ、是非やっていただきたいです。いつもとても興味深く拝読しております。

以前投稿されていたピンチョンやドゥルーズ、漱石の『坑夫』のエントリーも、またいつか再読できればなあ、と願っております。

無礼でバカな輩は相手になされず(なかなかそういうわけにもいかないとは思いますが)、また新しい記事を読ませていただければ、と思っております。

電子書籍でもけっこうですし、個別の記事を課金制にする機能のある note などを使う手もあるかと思います。

一人の読者として、応援しています。

今の時代、大江健三郎

物凄く気合の入った文章だと受け取りました。ファンとしては「か、書いてくださえ…」としか言えないんですけど。

今の日本の状況に関しては本当に同感というか、とうとうこういう時代が来たか、と感じています。真っ当な人ほど黙り込み、インチキな人間ほど声を荒らげる。そういう時代が来たな、と。党派性というものが全てを飲み込み、いいものはいい、悪いものは悪い、そう言う事すらできない。

大江健三郎は、不信感を持っている部分もあるのですが(昔、「報道ステーション」に出ている大江健三郎を見て疑問を感じました)、Howard Hoax氏含めて信頼できる人が作家としての大江健三郎を褒めているので、作家として優れているのだなと思います。僕には中上健次の方がまだわかりやすいんですが…。

このような時代にあってHoward Hoax氏が批評活動をしている事は良い事だと感じております。陰ながら応援させていただきます。

Re: タイトルなし

> 塩見さん

 さっそくというか、「群像」で大江からの影響を小説家が書くというリレーエッセイが始まるようですが、まあとんでもないものになるでしょう。
 初回は高橋源一郎ということらしいですが、たぶん、最初の方は高橋源一郎とか島田雅彦あたりの一応は読んでいる人々で無難にまとめ(というか、短い文ゆえに最低限のボロが出ない程度のものにはできる)、回を追って注目度が落ちたあたりから、「大江作品のこれとこれ「は」読んだがこうこうだ」みたいな、クソみたいなものが普通に公表されるようになる。そんで、金井美恵子みたいな、ヤバいことも言いかねない人にはふらない、と。
 高橋源一郎も、ず〜っとぬるま湯に浸り続けて昔ほど勉強もしていないと思いますけど、本気を出そうと思ったら出せるのか、それとも誤魔化しに逃げるのか……ということに、別の意味で注目しています。


 > ヤマダヒフミさん

 小説家の仕事を判断するにあたって、(作品そのものとは無関係に)TV番組で何分か見た程度のことでわかることなど何もありません。
 中上健次という人は、大江のエピゴーネンとして出発してから独自の文学的価値を築きえた唯一の作家ですが、その死後にも大江の方は作家としての成長を続けており、また中上の成果を研究して自作に取り込んでいるふしすらあり、もはや優劣は完全についています。
 また、わかりやすいとかわかりにくいといったことは、文学作品の価値を判断する基準にはなりません。

『同時代ゲーム』から『燃え上がる緑の木』辺りの大江って、文壇から離れてたせいか、あまり言及されていない様な気がするんですよね。絶版が多いわ、図書館にも少ないわ、取寄せるだけでも面倒臭い……せめてここら辺だけでもしっかりとした解説が欲しいです。

ついでに、HowardHoaxさんは上の高橋や島田以外で解説に誰が来るとか踏んでたりしますか?
基本的に全集の解説という媒体にあまり目を通さない人間なので、誰が来るのかは全く以って予測不可能なのです…
それなりに成功している古井とか保坂とかが来ることはないのでしょうか。

Re: タイトルなし

 小説家には「群像」でエッセイを書かせるくらいだから、全集の解説は国文学研究者や批評家になるんじゃないでしょうか? そういう意味では、「群像」の方が「体のいいやっかいばらい」のためのものというのなら納得しますけれども。
 以前「国文学 解釈と教材の研究」で大江特集があった際、大江の文庫本に解説を書いていたりもする国文学研究者が、「うろ覚えで「燃え上がる緑の樹」の要約を書きそれに基づいて大江批判を展開するも、その要約自体が完全に間違い」という凄まじいデタラメがありました。こういうところに自浄作用が働かないから、日本の人文学は全く信用できないんですよねえ。蓮實重彦は島田雅彦との対談でまともなこと言ってましたけれども。
 僕が納得するメンツを挙げればてみると、実作や批評界隈なら、古井、金井、柄谷、蓮實、絓、山城むつみ……といったところでしょうか。それと、大きい出版社では最近仕事してないと思いますが、中島一夫は、物凄く珍しい、まともな批評家だと思ってます。
 国文学で期待できる人がいるのか細かいことは知りませんが、もしいるんなら、先述したようなデタラメは必ず批判してるはずだと思うんですよねー。
 そういう意味では、専門にとらわれず、「大江を直接知り資料価値のあることを言える」「大江の参照する外国文学についてまともなことを言える」「そもそもまともな文章を書ける」などの観点から満たすものがある人として、下手な国文学研究者や批評家より、清水徹や渡邊守章なんかに書いて欲しいですねー。
 それから、話は逸れますが、保坂和志の小説論ははもはや功罪の罪の方が圧倒的に拡大していってしまってると思ってます。実はこのエントリでも書こうかと思ってからやめたんですが……話が脱線しすぎるので。
 文学に色々な側面がある中、自分が不勉強だったり興味が持てない分野を「そんなことはどうでもいい」「そんなことは小説の問題ではない」と論証抜きで断言してしまう。例えば保坂は推理小説を(おそらくは読みもせずに)全否定しますが、ナラトロジーに関する知見がほんの少しでもあればそんなことは言えないわけです。
 で、「保坂がこれこそは小説だと認める、恣意的な枠組み」の内部だけで勉強したフォロワーが優れた書き手として狭い業界内で評価されてたりするのを見ると、「末期だな……」と思います。

解説ですら駄目なら色々な意味で月報の面子は楽しみですね。
小谷野とか東浩紀とかが来そう。

Re: タイトルなし

> 解説ですら駄目なら色々な意味で月報の面子は楽しみですね。
> 小谷野とか東浩紀とかが来そう。

 ぐわ〜、月報なるものの存在を忘れていました……ほんとのところ、最低限の大江の年譜と書誌情報以外は全カットして欲しいというのが最大の願いです。後世に残せるような大江全集に参画できる人材なんていないんですから。テキストクリティークさえしっかりしていれば、あとはいらんですよ。
 昔、古本でジュネ全集を入手したら月報が挟まっていて、三島と大江が並んで書いていてびっくりしたことがあるんですが(特に大江の方は文章そのものも凄い)、今の日本ではそんなことは夢のまた夢ですな……
 源一郎のエッセイも読みましたが、アカリさんと化した私の口からは「ダメでした」「完全にダメでした」という感想しか漏れませんでした……

了解しました。もう少し勉強します。大江・中上と並んでいる印象だったのですが、そうでもないのですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

蓮實の「大江論」はどう評価していますか?

Re: タイトルなし

> 蓮實の「大江論」はどう評価していますか?

 漱石論と同じことをやっているのが筋が悪いです。オーソドックスな漱石論がいっぱいある中でああいうのが一つ加わるのはいいとおもいますが、まともな大江論がない中であれをやるのは大江に気の毒でしかないです。そんで渡部直己とかがやたらとヨイショしだすのも含めて、非常に醜悪なことだと思ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howardhoax.blog.fc2.com/tb.php/234-021a06fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

このブログについて

 ・毎月第1・第3土曜日に更新しています。それ以外にも不定期に更新していますので、月に2~3回程度の頻度で新しい記事を載せています。


 ・コメント欄は承認制です。管理者の直接の知人でもないのにタメ口で書き込まれたようなコメントは承認しませんのであしからず。


 ・なにか連絡事項のある方は、howardhoax(アットマーク)yahoo.co.jpまでどうぞ。

 

プロフィール

Howard Hoax

Author:Howard Hoax
 読んだ本、見た映画の感想をつづるブログ。基本的にネタバレありです。

 

全記事表示リンク

広告

 

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

広告

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR