Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後に

 前回のエントリの末尾にも付記を入れましたが、その後のやり取りも含めたまとめを作成していただきました。想像以上に酷いことになっています。


  https://togetter.com/li/1198019

 
 さすがに前回のエントリのままで終わりになるのはいくらなんでもと思い更新しましたが、同じような突発的な状況が起きたときに対応する以外に通常の記事を更新することは、「再開未定」ではなく「二度とやらない」ことに決めました。
 今回の件でも不愉快なことは複数あったのですが、その中でもとりわけ気になったのが、私が個人的な愚痴を書いている部分もあるということ自体が、悪いこととして否定し罵倒までしてくる人々が複数いたことです。
 完全に個人が運営している個人ブログに個人的な疑問・感想の類を書いて何が悪いのかさっぱりわからないのですが、これを頭から否定する人々は、自分ではそういうことはいっさいしないのでしょうか。中には、今まで有益な情報を含む記事を書いていたことを肯定しつつ、それとは違うものとして、私の個人的感想が書かれていることを否定するようなケースさえありました。
 自分に利益をもたらしてくれるという理由で他人を称賛するというあつかましさも、他人が個人的感想を書いている領域に図々しくも踏み込んできて罵倒しつつ、個人的行動をすること自体を否定する尊大さも、私の理解を越えています。
 なされている議論の内容に対して批判があるというのはわかりますが、個人のパーソナルスペースでの振る舞い方の水準の話にまでずけずけと踏み込んでくるような身勝手なことがなぜできるのか、私には全くわかりません。
 そのようなこともあり、このような人々が無償の記事から何らかの利益を引き出すことができ、堂々と収奪・搾取する隙を与えるような行為は、金輪際やらないと決めた次第です。


 最後になりますが、今年に入ってから書いた『キン肉マン』に関する二つの記事は、文章そのものは走り書きにすぎないため全力で書いたものとは言えませんが、私の思考の全体像を素描したものにはなりえています。
 そして、実はあの文章は、私の中では、カサヴェテス論と同じ文脈の元にあります。近代社会の中での位置づけとしてとして、前者における「プロレス」と後者における「芸術」とは、同じ役割を果たすものとして捉えられています。
 つまり、『キン肉マン』に関する議論は、言ってみればアタル版マッスル・スパークのようなもので、まだ半分しか完成していない。これをカサヴェテス論と統合することで真のマッスル・スパークが完成するわけですが……その統合のための鍵は、ジル・ドゥルーズの『シネマ』における、「アメリカ」の概念の批判的な検討にあります。その上で、ドゥルーズにおける映画をコミックに置き換えるわけです。
 既にこのブログに何度か書いてきましたが、diptychとは、二枚一組の絵です。つまり、覚え書きをストックしているのにすぎないブログ記事とは別に、全てを統合した「もう一枚」があるわけです。そして、その統合した全体像は(まだ手直しは必要なものの)既にほぼ完成して存在しているわけですが、これはもはやどこにも出しようがないですな。




スポンサーサイト

twitter上からこのブログに直接リンクをはりつつ根拠なしに全否定してきた藤田直哉氏への公開質問状

 当分このブログの更新はしないつもりでしたが、突発的な事態が起きたために更新します。
 また、更新を停止した時点で何も書く気が起きなかったためにコメント欄にも返信をしませんでしたが、励ましの言葉をくださった方々はありがとうございました。
 さて、突発的な事態というのは、「SF・文芸評論家」であるという藤田直哉氏が、私のブログにわさわざ直接リンクをはりつつ以下のようなtweetをしたことです。





 面識のない赤の他人にタメ口で威圧的に全否定のダメ出しをしてくるのが腹立たしいですが、それ以上に、何も根拠を提示していないことが問題だと思いました。
 このことを問いただすためにtwitterのアカウントを作成したのですが、そこから藤田氏に私が送ったリプライは、まあ私自身のものなのでテキストのみで以下にまとめて引用します。


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
藤田先生が直接リンクをはられているブログの文章の書き手です。公開してある文章への批判は自由ですが、完全に全否定しておきながら、具体的な根拠を一切提示していないことが非常に不愉快です。謝罪や訂正は求めませんが、以下、根拠の提示と具体的な説明を求めていきます。


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
まず前提として、プロの批評家を自認しておきながら、他人の全否定に具体的な説明を消去して広く公開することに既に手を染められたことには、こちらの個人的心情の水準では、許すことはありません。ただ、完全な全否定の根拠の提示なら、手間も労力も大してかからないはずです。


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
(1)カサヴェテス関連の英語文献の扱いについて。カサヴェテスに関して、私の認識では日本語文献は非常に少なく、独立した論を立てるのに心もとないものです。そのため、日本語情報の欠落と思える部分を未邦訳の英語文献で補ったのですが、そこには、情報のみでも


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
有益だろうという思いがありました。「〇〇に関しては門外漢だが、全体としてはこうこう」という評価は当然ありえますが、藤田先生は文章全体を全否定されています。英語圏のカサヴェテス評価と文献を踏まえた上で、私の資料の扱いの致命的欠陥をぜひご教示ください。


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
(2)カント『判断力批判』の扱いについて。専門家からは否定される変則的な解釈を提示していることは自覚しています。ただ、私が最も尊敬する批評家の一人であるポール・ド・マン何かの場合、パスカルやカントやヘーゲルの哲学的著作に対してそのような批評をなしていること


howardhoax @howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
もまた常識でしょう。むろん私などがド・マンになど及ぶべくもありませんが、学術的観点でも批評的観点でも構いませんので、『判断力批判』の扱いの全否定されるべき欠陥についてご教示下さい。


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
(3)その他。そもそものカサヴェテス評価や映画史的観点からの位置づけ、基本的文章能力なども、全て、「論外」の「ゴミ」という評価が「正当」とのことですので、それぞれ一つずつでも、具体的欠陥をご提示ください。


howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
以上、こちらからは長くなってしまいましたが、藤田先生はいかなる保留も譲歩も抜きに全否定を公にされたことの内実を問われているだけですので、手間も労力もかからずに即答できるはずです。即答していただけるようお願いします。

howardhoax@howardhoax1 6h
返信先: @naoya_fujitaさん
仮に、返答に時間がかかったりしようものなら、「自分の罵倒の根拠を説明できないのでは?」「後出して大慌てで考えているのでは?」「そもそも該当文章を読んでなかったのでは?」などの無用の誤解を呼びかねないと存じます。ぜひとも、即答をお願いします。


 ……と、いうことがあったのですが、本日は昼間からtwitter上での活動が確認されている藤田直哉氏は、今のところ私の問い合わせに返答しようとする素振りすらみせていません。


 ところで、藤田直哉氏のネット上で公開されている文章をいくつか確認してみたところ、藤田氏の批評観に関して興味深いものも見つかりました。
 例えば、以下の書評の一部を引用してみます。


http://dokushojin.com/article.html?i=1638


これはぼくのほとんど体質的な「趣味」(主観)なのだけれど、客観性や論理性を装った文章が、その実、ある欲望を隠し持っていたり、論理的ではない価値判断を導入していると、気になる。その判断の根拠を追い詰める作業がないと、納得がいかない。


 お、おお……なんという真摯にして誠実な批評観でありましょうか。
 ということはですよ、全身批評家たる藤田直哉先生は、当然、私の文章に対して「全否定」という価値判断を下した際にも、ほとんど体質的なところから、「判断の根拠を追い詰める」作業を実施済みであろうということになるわけです。
 ならば、それこそ今すぐにでも、私のこのブログの致命的欠陥などズバズバ指摘しまくって粉砕することなど、瞬時にたやすくできるはずですね。時間があけばあくほと、藤田先生の発言の信憑性が落ちてしまいそうで不安です。
 皆様、藤田直哉先生の次なるご活躍にご期待下さい!


 付記 その後のやり取りも含めたまとめを作成していただきました。

  https://togetter.com/li/1198019







«  | ホーム |  »

プロフィール

Howard Hoax

Author:Howard Hoax
 読んだ本、見た映画の感想をつづるブログ。基本的にネタバレありです。

 

全記事表示リンク

広告

 

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

広告

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。