Latest Entries

過去の記事の削除について

 直近一年ぶん程度の記事を残して、それ以前の記事の大半を削除しました(誹謗中傷やデマへの反論などは残してあります)。
 もちろん、内容を支持していただいた方が大勢いらっしゃるのも承知しているのですが、なにぶん、過去の記事に何年たっても嫌がらせをするものが継続的にい続けるもので。
 一方、逆に、私に無断で全文転載するような輩も、私自身が確認しただけでも複数おり、かなりの分量の長文をネットにアップしておくことにうんざりしてきたところです。
 まあ自分が言ったことを取り下げるつもりはありませんので、そのうち、削除した記事は電子書籍にでもするかもしれません。誤字・脱字などがそのままになっている部分も結構あるため、チェックにも時間がかかるぶん、実現したとしてもだいぶ先の話ではありますが……。
 

11・27両国は「全日本プロレス:リバース」になりうるか?

 ここ数年のアメリカン・コミックスの二大出版社の動向を見るにつけ、歯がゆい思いを感じるとともに、奇妙な既視感をも覚え続けざるをえないのであった。……会社の規模という意味でも、その歴史という意味でも群を抜く二つの老舗という勢力図のはずが、いつの間にかその均衡が崩れ……マーヴル・コミックスが勢力を拡大する一方で、DCコミックスは停滞を続ける。そんなことがなぜ起きたのかと言えば、マーヴルがなりふりかまわず新たな路線を打ち出し、それまでヒーローコミックの購読層として大きい数を占めてはいなかった女性読者などの開拓に成功したからだ。
 もちろん、マーヴルが新規読者の拡大に成功したこと自体は、喜ばしいことだ。だがマーヴルは、新規読者の拡大に少しでも障害になりそうであるならば、従来の読者が思い入れを持つような対象、それなりに歴史的蓄積があるような対象をも次々に破壊し取り除き排除することをも、なりふりかまわず押し進めたのだ(一応念のために断っておくと、これはあくまでも全体的な編集方針の話なのであって、現場のスタッフがみんなそうだという話ではない)。
 DCコミックスが、現在の情勢に合わせて勢力を拡大する方法が何であるのかわかっていても、大胆にマーヴルに追随することが遂にできなかったのは、アメリカン・コミックスの世界で常に保守的な立場を取ってきた会社だったからであろう。それなりに歴史的経緯がある自社のコンテンツを、現在の商売の都合だけで排除することなどできない……これは、DCにおいては、コミック制作の現場上がりの職人的存在が何人も経営陣に名を連ねていることとも無縁ではないだろう。
 もちろん、二大出版社の勢力の均衡が崩れることなど過去に幾度もあったわけではあるが、マーヴルのなりふりかまわない方針によってその差が引き離され続ける中、もはやDCが盛り返す目などないように思えた……だが、今年になってDCが大々的に打ち出したのは、マーヴルとは全く異なるヴィジョンを立てることであったのだ。
 DCコミックスが新方針の中核に据えたコミック「DCユニヴァース:リバース」において宣言したのは、マーヴルとはむしろ正反対に、過去の歴史の中で積み上げられてきた遺産の全てを全肯定することなのであった。DCの方でも、現代の情勢に合わせて切り捨ててきてしまった要素を全て復活させ、歴史的経緯があるからこそ今があることこそを、DCコミックスがDCコミックスとして成り立つための最も重要な要素として最大限に敬意を表する……マーヴルが決して取ることのなかったこのような方針は、売り上げ的にも内容的にも大成功を収め、DCが一気に盛り返すことになったのであった(……そして、「DCユニヴァース:リバース」の仕掛け人にしてドラマ「フラッシュ」のプロデューサーである、我らDCファンの切り札であるジェフ・ジョンズは、遂に映画版をコントロールする権利を掌握し、来年の『ワンダーウーマン』では遂に脚本にも参加する! 本当の闘いはここからだ~!)。
 ……ここ数年間というもの、劣勢に立たされるDCコミックスの現状を苦々しく見つめながら、同時に、既視感にとらわれ続けてきたのは、もちろん、その構図が、日本のプロレス業界にもほとんど同じように当てはまることであったからだ。……そして、今にして思うのは、マーヴル・コミックスの「現代社会に合わせた成功の方法論」を完全に無視してDCコミックスが成功を収めたのならば、全日本プロレスに同じことができないはずはないということなのだ。


 ……というわけで、このブログにはプロレスそのものを単独で扱った文章はほとんどアップしてこなかったのですが、今回ばかりは……今回ばかりは……書かせていただきます! はっきり言っておきますが、私がこの文章を書くのは、ここ数年間というもの、存続そのものを危ぶまれるほどの危機的な状況にあった全日本プロレスが、起死回生のビッグマッチとして久々に進出する両国国技館に駆けつける観客を、一人でも増やしたいからなのであります!
 ……まあ、そうは言っても、今回のチケットの売り上げ状況を確認してみると、ここ数年の窮状を知る者にしてみれば衝撃的なまでの売れ行きを見せているわけで、そういう意味では、秋山社長が借金を抱えて路頭に迷うような、最悪の窮地は既に脱してはいるわけです。……しかし……しかし……今回の両国は……様々な偶然の状況が重なり合った結果、もはや宿命としか思えない必然に至り……四十年あまりの歴史がある全日本プロレスの過去を振り返り、一度でも思い入れを持ったことがある人間ならば、なんとしてでも駆けつけなければならない、そんな試合が、少なくとも二つは組まれているのです。もしそのことに気づいていない人がいるならば、一人でも多くの人に伝えておかなければ……


 その試合として挙げられるのは、まずは、アジアタッグ選手権だ。日本プロレス界の最古のベルトであり、力道山が保持したこともある……しかし、いつからか、若手や中堅のための登竜門的な位置づけとされることが多くなったアジアタッグ。現在保持しているのは青木篤志と佐藤光留なのだが……この二人、第九十九代王者なのである。そして、最後の防衛戦を終えたとき、青木篤志が次なる挑戦者として指名したのは……まさかまさかの、渕正信&大仁田厚組……!
 もちろん、この二人をチャンピオンの側が指名したこと自体は、あるはっきりとした意志の元になされた行動であるだろう。しかし、偶然と必然がどこまで絡み合っているのかわからなくなってしまい、そのことに気づいて私が動揺したのは……両国での決戦が行なわれる11月27日が、ハル薗田さんの命日の前日であることに気づいたときのことだった。
 もともと全日本プロレスとは、日本プロレス内でのTV中継関連の利権などで発生したもめ事を元に独立したジャイアント馬場が旗揚げした団体だ。とはいえ、その経緯から旗揚げの時点で日本TVのバックアップがついており、日本プロレスから移ってきた多くのレスラーを受け入れることにもなった。
 そういう意味では、旗揚げの段階でフレッシュさのようなものはなく日本プロレスの延長上にあるというのが全日本プロレスの実像だったのだろう。そして、そんな状況において、旗揚げ直後の全日本にあくまでも新弟子として入門した最初期の生え抜きにあたるのが、「三羽烏」などと称された渕正信と大仁田厚とハル薗田であったわけだ……(全日ファンであるにもかかわらずこのあたりの事情に関して疎いというような人は、必ず両国までに、渕さんの超・名著『我が愛しの20世紀全日本プロレス史』を読まねばならんのですよ!)。
 だが、この三人は、それぞれがそれぞれ、あまりにも異なる命運をたどることになったのであった。若くして飛行機事故で亡くなったハル薗田。膝の怪我によって全日本を引退したものの、デスマッチを売り物をしたFMWを旗揚げし、日本のプロレス界でインディー団体の草分けとなり、信じ難いまでの狂い咲きを見せた大仁田厚。そして、全日本プロレスの度重なる分裂騒動・離脱騒動・トラブルなどの全てを経てもなお残留し続け、旗揚げ当初から現在までを知るただ一人のレスラーとなった、渕正信……。
 もはや交わることなどなかったはずの、全日本プロレスの始まりを知る男たちの命運が、日本プロレス界の最古のベルトの第百代王座をかけて、奇跡的にもう一度だけ邂逅する……! こ、こんなことがありうるのか!?
 先述した『我が愛しの20世紀全日本プロレス史』において、渕さんが20世紀の全日本プロレスのベストバウトとして挙げていたのは、94年のハンセン・馬場対三沢・小橋なのであった。あの試合は、80年代に激闘を繰り広げたジャイアント馬場とスタン・ハンセンが恩讐を乗り越えてタッグを結成し、現役バリバリの三沢と小橋に挑んでいったのだが……まさか、当の渕さんが、同じような意味合いを持つ試合に挑むことになるとは……(とりあえずリンクを下に張っておくので、見てない人は見ましょう! ……しかし、この試合、リアルタイムで見てた当時は三沢と小橋の側の視点で見てたんだけど、改めて最近になって見直したときには、小橋のパワフルなショルダータックルでなぎ倒された馬場さんが、ひどく痛そうな様子を見せつつ、「しかし、この痛みが嬉しい」というような表情を見せていて、思わず泣きそうになりました……あと、小橋のムーンサルト食らってる時点で、もう、凄いですよ! と言うしかないと思いました)。


https://www.youtube.com/watch?v=GM5Q5Xc2Pqw
   


 私自身は、大仁田が川崎球場で大々的に実施したFMWでの引退試合に駆けつけたクチなので、今の大仁田にはモヤモヤするものがまだあるのも事実ではあるのだが……しかし、今度ばかりは、渕&大仁田組を全力で応援する……というか、今度ばかりはもうホントになんでもいいから、はぐれ全日本軍団を率いるカシンが「大仁田とは対立してたけど、よく考えたらあいつもはぐれ全日本だった!」とかいって乱入してアシストするとかのめちゃくちゃでもいいから、奪取しても防衛不可能で即日返上とか、リマッチ即奪回とかになってもいいから、とにかく、渕&大仁田で百代王座を奪取してくれ~!


 ……以上のようなことを書いてきたが、ここで勘違いして欲しくないのは、11・27両国は、断じて懐メロなどではないということだ。懐メロというものは、現在の状況がどのようなものであるのかにかかわらず、過去のよい思い出だけを追想することによって可能になるものだろう(一応ここで念のために付け加えておくと、現在の全日本プロレスが名称は引き継ぎつつも会社組織は移行していることを持ち出して、「今の全日本プロレスは全日本プロレスではない」などとこざかしいことをぬかす輩がいろいろなところで見受けられるので、ここではっきりと書いておく。この手の連中は、日本のプロレスのことを完全に全く何もわかっていない。全日本プロレスの本質とは何か? ――それは、PWFなのである。興行組織としての会社が変化していても、実は、「PWFが認定するタイトルを運営する」という意味での連続性は、きちんと保持されているのだ。全日本プロレスの社禝は、PWFなんじゃあ!)。
 過去の出来事をふまえて現在につなげるためには、それがどれほど悲惨でありネガティヴであり目を背けたいことであろうとも、その全てをひっくるめて引き受けることしか始めるしかない。そして、現在を開拓して未来への道を切り開くためには、何らかの形で過去と対峙するしかない。
 そのような意味では――全日本プロレスが積み上げた歴史に対して、異なる形で責任を果たす異なる世代の二人が、それぞれが積み上げた価値観に決着をつけるために闘わなければならない――そんな今後の全日本プロレスの分岐点としての意味を持つ試合が行なわれるのは、「ジャンボ鶴田対三沢光晴」の一戦以来のことであろう。……すなわち、それこそが、宮原健斗対諏訪魔の三冠戦なのである。


 諏訪魔とは、全日本プロレスの負の遺産を全て背負い込んだ男だ。
 ……そもそもの話として、諏訪魔による一つの決断がなければ、三年前の時点で「全日本プロレス」という団体自体がこの世から消滅しているはずなのであった。……要は、当時全日本プロレスの経営に携わった白石オーナーが、プロレス業内を内部から見て納得のいかない部分を暴露しまくるという掟破りを敢行し、業界中からそっぽを向かれ、所属選手・スタッフは次々に離脱、団体の存続すら危ぶまれる状況で、エースである諏訪魔がいち早く残留を宣言したのであった。
 あの当時の私の印象としては……白石オーナーの言動を指示するわけでは全くないが、しかし、この年代の人からこういうことを言う人が出てくるのはわかる、というものだった。と言うのも、白石オーナーは、もともとは新日ファンだったわけだ。昔から新日本プロレスの選手・スタッフ・関係者一同が口をそろえて「全日本は弱いが新日本は強い」「全日本は練習しないが新日本は練習する」などと延々延々延々延々言い続けてきたわけで、遠巻きに眺めている程度の軽めのファンがそれを真に受けたまま業界のバックステージに入り込んだら、実態があまりにも自分の聞いてきたこととかけ離れすぎているのに怒り狂って暴れ出したということなのだから、私なんかにしてみれば「そりゃ暴れるわな」と思ったのだ。
 だいたい、あのころ大変なスキャンダルをもたらした白石騒動だったが、新日本のトップレスラーが堂々と諏訪魔とやり合ってボコボコにすれば白石オーナーが完全に黙り込んで一瞬で騒動が終結していたことは間違いなかったのだ。新日本が何十年もの間全日本に対して投げつけ続けてきた誹謗中傷の類に落とし前をつけ、自分たちの言ってきたことが嘘ではなかったことを示すのであればそうするほかなかったはずなのだから、過去の全てをなかったことにし目を背け何の責任もとらないのであれば、少なくとも、もはや新日本プロレスは「新日本プロレス」という団体名を掲げるべきではないと私は思う。
 つまり、私としては、白石騒動というのは「新日がなかったことにして切り捨てた昔のファンの残党の怨念が引き起こしたもの」という認識なのだが、なぜそれを全日が食らわなければなかったのだろうか……


 スキャンダルの渦中にあり、現在の業界中から見捨てられ、「今のレスラー」からも「今のファン」からも「今のマスコミ」からもほとんど支持を得られなかろうとも、それでも躊躇なく全日本への残留を諏訪魔が決断できたのは、過去の歩みゆえに今があるという強烈な意識を持っていたからだろう。……自分が子供の頃から見てきたプロレスというものに照らし合わせてみれば自分のファイトが間違っているとは思えないし、全日本プロレスとはそれが披露できる場所のはずだ。諏訪魔には、そんなブレない信念があるはずだが、その信念の強さこそが、「今の日本のプロレス業界」のトレンドとの折り合いのつかなさとして表れてしまうことにもなった。
 結果として、スキャンダルを経てもなお全日本プロレスを見る、言い換えれば、昔からのプロレスを知る観客からは支持を得ながらも、その絶対数はじりじりと経るばかり……という、負のスパイラルに落ち込んでいくことになったのであった。
 そんな、諏訪魔と「今の日本のプロレス業界」とのズレが最悪の形で露呈してしまったのが、昨年の両国国技館で開催された天龍源一郎の引退試合なのであった。80年代の全日本プロレスを牽引しつつも、結果として円満とは言えない形で去った天龍の引退試合に、現在の全日本プロレスのエースであり団体を存続させた張本人である諏訪魔が駆けつける。……ただこれだけのことでも、諏訪魔は既に手放しで賞賛されてしかるべきはずだ。しかし、この日の観客に、諏訪魔に対する敬意は微塵もなかった。
 天龍自身の希望によって諏訪魔と対戦することになったのは、アントニオ猪木の秘蔵っ子であり、新日本が方針を転換していなければ今でもその中枢にいたかもしれない、藤田和之である。……そして、この両者の対決に、この日の観客は盛大な罵声を浴びせかけた……なぜなら、両者が、オーソドックスな定石通りにロックアップしてから始める小綺麗にまとまって案客も程良く楽しめる、「ありがちなプロレスのお約束」に従わなかったからだ。
 両者のファイトスタイルとこの日までの経緯を知っていれば、そんな風になる試合ではないことは当たり前のことだ(……というか、この日の諏訪魔が披露したのはモロに「80年代の全日本プロレス」以外の何ものでもなかったのだから、天龍引退の日にそれをやる諏訪魔はむしろ正しい)。
 天龍源一郎という希代のレスラーが積み上げてきた過去の歩みに敬意を払うための興行の日に、なぜ、「今の観客の嗜好」を無視して過去のために闘う者が罵声を浴びせられなければならないのか。諏訪魔にしろ藤田にせよ、日本のプロレスの歴史が存続するために既に大きな功績を残している男たちなのであるが、なぜ最低限の経緯すら持たない者が、恥ずかしげもなくこんな場にいられるのか。
 だいたい、この日の興行は、諏訪魔と藤田が登場する以前から、私としては違和感ばかりが募るものなのであった。……リングから遠ざかっていた北原が天龍引退に合わせて姿を見せ、いいコンディションを整えてきた上でWARスペシャルまで繰り出しているのにたいして反応もせず、「ライガーのロメロスペシャル」やら「越中のヒップアタック」やら、「TVで見たことのある有名なムーヴ」を見たときにだけ、流れなど関係なく突然歓声を上げるクソども。休憩時間のBGMとして突如として「王者の魂」が流れた瞬間に私は動揺してしまったのだが、全く何の反応も示さないクソども。入れ込みすぎて興奮した結果、教科書通りのロックアップから試合を始めない諏訪魔と藤田に罵声を浴びせる一方で、その後レジェンドとして登場したスタン・ハンセンには声援を送るクソども。……ハンセンの試合なんて「そんなんばっか」だったんだから、ハンセンにも罵声を浴びせるんでなけりゃあ、テメーらのやってることの筋は通らんだろうが!
 だいたい、日本のプロレスの過去の歩みを本気で尊重する気があるなら、秋山と大森がシングルで闘う時には必ず会場に駆けつけろ! そして、秋山が初めてエクスプロイダーを公開した、あのあすなろ杯決勝を思い出して涙を流せ!
 過去を踏まえて今があるのではなくて、今のトレンド、今すぐに何となくその場で楽しめるノリが先にあって、過去の歴史は、現在から見て都合のいいところだけを切り張りし捏造する。それが「今の日本のプロレス業界」のトレンドなら、もうそんなもんはどうでもいい! 全日だけギリギリ存続すればいい! むしろWWEはプロレスの本質はリスペクトしてきちんと継承しようとしてるんだから、WWEが日本侵攻してくれて全然かまわない! ジョニーさん、全日だけは勘弁してそれ以外は全部滅ぼしてくれ~! ……などと、全日原理主義者じみた態度に染まっていってしまったのが、昨年の私なのであった。
 まあそれはともかく、「今の日本のプロレス」との折り合いのつかなさが極限にまで表れてしまったのが、昨年の諏訪魔なのであった。年が明けるとともに三冠王座を奪回し、ここからどんなスタンスで自分のプロレスを見せていくのか……と思いきや、その三冠戦の終盤でアキレス腱を完全断裂したまま戦い抜いていたことが発覚。王座を返上し、諏訪魔は長期欠場に入る……。


 全日本プロレスが混迷を極め、迷走し、リング外では暗く気が沈むニュースしかなかったこの三年間というもの、未来へとつながる希望の光をまばゆいまでに放ち続けたのは、宮原健斗という男なのであった。
 ある一時期からの宮原の試合を継続して見続け、驚き続けてきたのは――それは、「人は、これほどの短期間でここまで急速に成長できるものなのか……」ということなのであった。
 正面から闘えば自分にはまだまだ歯が立たない宮原を明確に格下と見なしていなしてきた諏訪魔、先輩であり同時にタッグパートナーとして、自分自身は凄まじい試合をやってのけながらも宮原を意識的に導き成長させてきたとは言い難い潮崎……そんな中、歳を取り体力も衰え、分裂騒動後の選手層も手薄な状況では第二試合や第三試合に出場することもたびたびで、しかし全力でのファイトを見せ続けてきた……そんな秋山と大森が、どう考えてもまだまだ青く未熟な宮原の成長のために体を張りまくる姿を見るにつけ、胸にこみ上げるものをおさえられなかったのだ。
 もはや自分の役割を隠そうともせず、「お前が今のままじゃあ、全日本に未来はねえなあ!」などと叫びながら宮原をボコボコにしていた秋山の姿は、ほんの数年前のことのはずなのにはるか昔のことのように思えて、思い出すだけで目頭が熱くなってくる……。
 そして、信じ難いまでに急速にして、信じ難いまでに高度な成長を遂げた宮原が完全にトップレスラーになり、その日のメインの勝者として興行を締めることも多くなったとき……そのときに断固として選んだのは、その日の興行に足を運んだ観客には、絶対にハッピーで楽しい気分にしかさせない、ということだったのだ。
 全日本プロレスのここ数年の状況を知らない人間が見れば、宮原は単に楽天的で何も考えていない人間のように見えるかもしれない。しかし、いつもいつも暗く気が沈むニュースにしか接する機会がなく、試合そのものは優れたものを見ることができた日でさえ、未来への不安を抱えながら帰路に就く……そんな経験だけを重ねてきた全日ファンに対して、「絶対に明るく楽しい思いしかさせない」と決断することは、プロとしての自分への覚悟と揺るぎない自信がなくして、できないことだろう。……というか、少なくとも私自身の場合、この先全日が潰れるのであろうと、何があろうとも最期は絶対に看取るという思いだけを抱え、全日原理主義者として憎悪と怨念に凝り固まりつつあった淀んだ心は、宮原によって救われたんだよ。
 ……自分の言動が観客にどう見え、どのような影響を与えるのかを徹底して考え抜いたであろう宮原の最大の変化は、完璧なまでに緩急の変化を身につけたことであろう。若いながらも、三冠王者として貫禄たっぷりにゆっくりとアピールしつつ入場し、ひとたびリングインするや、あっという間にコーナーポストに立って見得を切ってみせる。この緩急によって観客の視線を自在に操ってみせ……そして、誰でも使うような技であったはずのシャットダウン式ジャーマン・スープレックスも、静止して溜めてから高速で反り投げるまでの緩急によって観客の視線を釘付けにし、見事、金の取れるフィニッシャーにまで昇華させた。
 宮原健斗の三冠王者としての防衛記録が伸びれば延びるほど、それに合わせて全日本プロレスも勢いを取り戻してきたのである。



 ……そして、そんな二人が闘うのである。
 本来なら後楽園ホールで決着をつけるはずだった諏訪魔と宮原の三冠戦は、諏訪魔の欠場・王座返上によって流れ、宮原が王座に就くことになった。
 怪我も回復に向かい、久々に全日本プロレスの会場に姿を見せた諏訪魔が、ファンに向けての挨拶で述べた言葉は、「今の全日本プロレスへの挑戦」という謙虚な言葉だった。……もはや、諏訪魔は、宮原によって全日本プロレスの景色が変わったことを認め、その前提で戦線に復帰するというのだ。
 正直なところ、私自身は……アキレス腱断裂で欠場する以前の段階で既に、諏訪魔もさすがに体力も衰え、もう以前のような闘いはできなくなっているのではないかと思っていたのだ。
 分裂騒動の直後の諏訪魔が、全日ファンの内部では求心力を失わなかったのは、潮崎との間で凄まじい激闘をやってのけたからだ。しかし、潮崎が全日を退団してからというもの、諏訪魔にそれほどの激闘はなく……むしろ、私が思う「全日本プロレス」そのものを体現していたのは、諏訪魔ではなく、諏訪魔のタッグパートナーたるジョー・ドーリングなのであった。
 宮原もそうなのだが、それ以前の段階で、ジョーのここ数年の覚醒ぶりは、本当に目を見張るものがあった。それはもはや、スタン・ハンセンや
ブルーザー・ブロディやスティーヴ・ウィリアムスなど、全日本プロレスの歴史を彩ってきた怪物外国人たちと同等の域にまで達しているとしか思えなかったのだ。
 現在のプロレスではもはやつなぎ技としてしかほとんど使われない、クロスボディやスパインバスターの一撃でこれほどまでに血湧き肉踊るなどという経験をするなどとは、思ってもみなかった。……ジョーの試合を見るたびに、「ああ……オレンジ時代の小橋と闘わせてぇ~……」などと思い、そのカードは、私の頭の中での「あらゆる歴史を超越した全能の能力を手にしたら実現させるカード・統一ランキング」の第二位にまで浮上するに至ったのだ!(……ちなみに、不動の一位は「小橋健太対ブルーザー・ブロディ」であります……)
 しかし……ジョー・ドーリングは左足の怪我によって長期欠場。ようやく復帰のめどが立ったと思いきや、土壇場で脳腫瘍が発覚、という悲劇に見舞われる……。
 もちろん、ジョーの欠場を、諏訪魔が心苦しく思っていないわけがない。しかしその一方で、ジョーの欠場以来の諏訪魔のファイトが、ジョーを失った全日ファンの欠落感を埋めるものであったとも思えない。


 だから、さる九月の品川大会、王道トーナメントの一回戦、もちろんノンタイトルでの諏訪魔と宮原のシングルマッチに、期待のみならず不安の気持ちもない混ぜになっていたことは否定できないのだ。だが、そこで見たものは……それは、「今の全日本プロレスへの挑戦」と述べた諏訪魔の言葉、その言葉の答えだった。
 そこにあったのは、序盤から、凄まじいパワーで宮原を圧倒しまくる諏訪魔の姿だったのだ。……そう、諏訪魔は、プロレスを生業にしているにもかかわらず他のレスラーをぶっこわしてしまう、だから、相手が自分の力を受け止めきれることを確認できなければ、全力を出すことのない男だったのだ。その躊躇いこそが、諏訪魔をして熱戦と凡戦の両方を生ませることにもなっていたのだが……その底力は、いまだ健在であったのだ。
 諏訪魔は、今の宮原が、自分の方から挑戦すべき相手であると認めたからこそ、序盤からフルスロットルだったのだろう。「今の宮原」がたどり着いた高みを知っているからこそ、その宮原をなす術もないままに追い込んでいく諏訪魔の圧倒的な怪物ぶりを、改めて思い知らされることになった。……そして、激闘の末に、宮原を叩きのめした諏訪魔がフィニッシャーに選んだのは……ジョー・ドーリングの技である、レボリューション・ボムだった……。
 ……この試合は、諏訪魔のいいところが全部出た試合だった。だがこれはあくまでもノンタイトルであり、これに続くトーナメントの初戦に過ぎなかったのも事実である。……つまり、三冠王座をかけたタイトルマッチでは、まだまだこれ以上の、こちらが言葉を失うまでの死闘を見せてくれるはず!


 ……かくして、全日本プロレスの過去を背負う男と、未来を担う男とが決着をつける。……正直なところ、私人の気持ちを言えば、どちらにも勝って欲しいし、どちらの負けるところも見たくない(……しかし、今度ばかりは、「カクトウギのテーマ」は聞きたくない)。にもかかわらず、ここで決着をつけなければ、全日本プロレスは先には進まない(しかし……これほどの大会場での三冠戦は本当に久しぶりなのだから、選手入場前に一回全部照明を落としての、アレをやってくれねえかなあ……両国の設備だと難しいのかなあ……でもやってくれねえかなあ……頼みますよ木原さん……)。
 だが、これだけは言っておかなければならないのは……それは、諏訪魔が勝てば未来が閉ざされるのではないし、宮原が勝てば過去が消されるわけでもないということだ。少なくとも、宮原は、過去と対峙することなしには、未来へと進むことを許されてはいないのだ。過去を背負う男と未来を担う男の両者が闘わなければ今が築けないということにこそ、全日本プロレスという場所の本質がある。……つまり、この場所では、過去への追想に身を委ねる者と、未来に向けて思いを寄せる者との、どちらもが、そこにいていいのだ。
 だから、我々は、この三年間がどれほど醜悪で迷走を重ね忘れたいものであったとしても、それを「暗黒時代」などと呼ぶことはないだろう。道場からアントニオ猪木の肖像を撤去するのに類するようなことは、決してなされないだろう。……少なくとも私は、例えばシングルマッチなら、分裂騒動直後での大田区体育館での、三本のベルトのままで最後にかけられた三冠戦、諏訪魔対潮崎や、2015年の年頭に後楽園ホールであったドーリング対潮崎の三冠戦を、生涯忘れることはないだろう。
 しかし、だからこそ、宮原と諏訪魔にはそれを上書きしてもらわなければならないのだ。両者の死闘が、そこまでの域に達したとき――過去への思いと未来への思いとが複雑に交錯していたはずが、リングの中で形成されている「今」、今その場所にある熱気が生み出す興奮のるつぼが、観客の思いを融解させ「今」への思いだけへと飲み尽くすとき――そのときこそが、全日本プロレスが再生するときなのだ。









ヒーローの継承不可能性について――『バットマン:アイ・アム・ゴッサム』

 DCコミックスの現状を大幅に刷新する今年のイヴェント「リバース」を経て、長年に渡って「バットマン」誌のライティングを担当していたスコット・スナイダーが降板し、新たにライターに就任したのは、近年急速に頭角を現しつつあるトム・キングなのでした。「リバース」以降はDCコミックスの中心的なタイトルの多くが隔週間で出版されていることもあり、「バットマン」誌の1号から6号にかけて展開された最初のアークが早くも完結したので、紹介してみようと思います(単行本にはワンショットの「バットマン:リバース」も収録)。





 『バットマン:アイ・アム・ゴッサム』(TPBとkindle版)


  ライター:トム・キング
  アーティスト:デヴィッド・フィンチ


 さて、「リバース」を経た最初のストーリー、その冒頭で語られたバットマンの姿とは――それは、ゴッサム市街地上空で発生した、飛行機事故であるのでした。
 飛行機事故と言っても、それは凶悪なヴィランによって引き起こされたわけでもなければ、悪辣なテロ組織の犯行でもなければ、巨大な陰謀が蠢いているわけでもありません。これは、完全にただの事故に過ぎず……そして、スーパーパワーを持っているヒーローにしてみれば、ごくあっさりと解決できる、日常的に処理するべきことでしかありません。
 しかし、折悪しく、ジャスティスリーグの同僚たちは、誰もが緊急の任務をそれぞれが抱えており、ゴッサムに救出に訪れることはできません。そして、単なる常人に過ぎないバットマンにとって、飛行機事故を防ぐための孤独な闘いは、自身の命を懸けたギリギリのものにならざるをえません。
 そして、その渦中で明らかになるのは……どれほど些細な事件に見えようが、派手なことなどないごく普通の事故のように思えようが……無実の人間の命を救うためには他に選択の余地がないのであれば、バットマンは、いつでも自分の命を躊躇なく差し出す覚悟ができているということなのでした。
 ……それはつまり、それがどれほどありきたりの事件に思えようとも、無実の人間の命がかかっている限り、あらゆる闘いはバットマンにとっての最後の闘いになりうる、ということなのでした……。


 自らの解釈によるバットマンの新たなストーリーを始めるにあたって、最初に以上のようなエピソードを置いたトム・キングのライティングには心を鷲掴みにされたのですが……もちろん、これは、その後に続く事件の発端に過ぎませんでした。
 間一髪でバットマンを救ったのは、見慣れないコステュームに身を包みスーパーパワーを持った兄妹、それぞれ「ゴッサム」「ゴッサム・ガール」と名乗る二人だったのです。
 ゴッサムという都市そのものの名を名乗り、先輩ヒーローとしてのバットマンに敬意を表して教えを乞い……しかしバットマンとは異なることとして、スーパーパワーを持っている……そんな二人の出現を前にして、ブルースの心が揺れ動くことになります。


 There're going to be others, Alfred. Other planes. Asteroids. Aliens.
 これからも他の事件は起きるだろう、アルフレッド。他の飛行機が。小惑星が。エイリアンが。



 I won't be able to stop them. I'll die. Then Dick will take my place.
 私には、それらを止めることはできまい。私は死ぬ。そしてディックが私を継ぐだろう。



  Then he'll die.
  そして、彼も死ぬ。



  I can't...there's nothing I can do.
  私にはできない……私にできることは何もないのだ。



 ゴッサムが真に必要としているのは、何のてらいもなく、ゴッサムの守護者たることを望むがゆえに「ゴッサム」と名乗るスーパーパワーを持った若者なのではないかということに、ブルースの心が揺らぐことにもなるわけです。
 若さゆえに未熟さをも見せるゴッサムとゴッサム・ガールに厳しい言葉を投げかけつつもその動向を見守るバットマンでしたが、その均衡が崩れたのは、サイコパイレートがゴッサムに現れたときでした。
 サイコパイレートの介入によってゴッサムに混沌がもたらされ、善意を持って動いても自身の思う通りに事が進まないことに絶望したゴッサムは狂奔し、むしろこの街の破滅をこそ願うことになります。
 もちろん、そんなゴッサムと生身で対立しなければならないのは、バットマンです。自ら「ゴッサム」とまで名乗っておきながらたやすくその街に絶望し、スーパーパワーを持ちながらそれをうまく活用することもできない……そんな若者を前にしたとき、ある意味では己を取り戻したと言えるバットマンは、勝ち目のない闘いの中でボロボロになりながら、次のように言うことになるのです。


  Fine. Fine. Do it, then. Kill Gotham.
  いいだろう。いいだろう。ならばやれ。ゴッサムを殺せ。



  But this city--it's just brick and concrete. It didn't free the Pirate. Or hurt those soldiers. And it damn well didn't murder your parents.
  だが、この街は――ただの煉瓦とコンクリートだ。この街がサイコパイレートを解放したのではない。あの兵士たちを傷つけたのでもない。そしてお前の両親を殺したのでもない。



  The Pirate was here because I couldn't stop the chaos that bleeds this city. You hurt those soldiers because I told you to fly to them. And your parents...they were murderd because I couldn't save them!
  サイコパイレートがここに来たのは、私が、この街をさいなむ混乱を止められなかったからだ。お前があの兵士たちを傷つけたのは、私が彼らの元へ向かうようお前に命じたからだ。そして、お前の両親は……彼らが殺されたのは、私が救えなかったからだ!



  You want to kill Gotham?! For being weak! For being afraid! For failing again and again and again!
  ゴッサムを殺したいと望むのか!? その弱さゆえに! その臆病さゆえに! 何度も何度も何度もしくじってきたがゆえに!



  I am Gotham. Kill me.
  私がゴッサムだ。私を殺せ。



 ……そう、『アイ・アム・ゴッサム』とは、常人としての力の限界ゆえに、単なる個人としての自分が「ゴッサムの守護者たること」が可能であるのか揺れ動いた末に、自分一人しか「アイ・アム・ゴッサム」という言葉を発することのできる者はいないこと、その言葉を自分だけのものとして取り戻すまでの物語だったのです。


 ……さて、トム・キングがこれから展開していくことになる自身のバットマン像の冒頭に据えた以上のようなイメージは、非常に感動的であるのと同時に、極めて危うい点をも秘めているように、私には思えます。……と言うのも、ここで描き出されているのは、バットマンというヒーローの特殊なあり方は、別人によっては継承されることのできないものだということだからです。
 トム・キングが出世作となった「グレイスン」誌でやってきたこととと合わせて考えるならば……結論から言うと、私の考えでは、トム・キングのバットマン解釈は「ディックはブルースの後継者ではない」という前提に立っていると思えるのです。
 このことに関して最も決定的なのは、「グレイスン」誌の「フューチャーズ・エンド」タイインの回でしょう。現行の時点から数年後の世界を描き出すワンショットにおいて(この時間軸自体は『コンヴァージャンス』によってリセットされちゃいましたけれども)、恐ろしく複雑に入り組んだストーリーテリングの技術を用いることで、驚嘆すべき内容が密かに語られていたのでした。
 トム・キングという人はアメコミの過去の名作を念頭に置いたライティングを割とよくするので、これはおそらくはアラン・ムーアの『キリング・ジョーク』の語り方が前提にあるのだと思いますが、しかし複雑さ自体は『キリング・ジョーク』より錯綜しているほどの(とはいえ、いったん解釈できると意味は一義的に決まるので、読み解くまでが複雑だということ)ストーリーを解きほぐしたときに、そこで語られているのは……「ディックは、自身の両親を殺害した人間を野放しにしたゆえにさらなる無実の人間が殺戮されるようなことがあれば、一線を越えて殺人を犯す」という、ちょっと驚くべきことなのでした。
 実はこのことは、トム・キングが直接ライティングに参加しているわけではない「リバース」後の「ナイトウィング」誌にも継承されておりまして、とある出来事に関してブルースと意見が衝突した際、ディックは、「あなたが絶対に倫理上のある一線を越えないのは、自分がそこを越えたら絶対に戻ってこられないことをわかっているからだ。僕はあなたとは違う。人生の光と影の両方を知っているから、たとえ一線を越えたとしても戻ってくることができる」と言い放っているのです。
 つまり、ディック・グレイスンとはもはやディック・グレイスンという独立した人格なのであって、「ブルース・ウェインの後継者」なのではないということです。……そして、ジェイスンはあんなだし、ティムは(少なくとも表向きは)死んじゃうし、ダミアンもあんなだし……ということで、実は現状のバットマンは、ファミリーが多い割には、自分の価値観を引き継ぐ明確な後継者がいない……ということになっているのです。


 そして、以上のように考えてみると、トム・キングのバットマン解釈は、既に、スコット・スナイダーのバットマン解釈とは全く異なる立場に基づくことが明らかにされていると思えるのです。
 というか、私としては、この『アイ・アム・ゴッサム』を読むことによって、全体としてはその高い完成度をほめたたえながらも、どこかにわずかに感じていたスコット・スナイダーのバットマン像への違和感が何であったのか、ようやくわかったのです。……それは、一言で言えば、スコット・スナイダーは、バットマンという存在がいかにして誕生しいかなる行動原理で活動しているのか、その全てが理解可能であり分析可能であるという前提に立っていたということなのでした。このことが頂点に達したのが『スーパーヘヴィ』でしょう。バットマンがどれほど驚異の存在であろうとも、それが常人である以上はその原理を分解し解析することが可能である、だからこそ、それを再現することもできれば、別人が継承することも可能である……。
 一方、トム・キングは、バットマンのような常軌を逸した存在がいかにして誕生し、なぜこんな人物が存在しうるのか、全くわけがわからない――という前提でキャラクター造形をなしています。だからこそ、バットマンを継承することなど、誰にもできない。
 正直なところ、この『アイ・アム・ゴッサム』を最初に一読して、そのストーリーが結構ゴツゴツしてぎこちないことにかなり驚いたものでした。……しかし、よくよく考えてみれば、トム・キングほどの卓越したストーリーテリングの技術を持った人物が、単なる初歩的なミスを犯してそんな仕事をしてしまうなどということは、ありえないわけです。
 つまり、トム・キングほどの技術の持ち主ですらスムーズに語りきれずゴツゴツとしたストーリーになってしまうのは、そもそもが語りえないはずの対象を無理に語ろうとしているからなのではないか、と。……もしこれが正しいのならば、トム・キングが長期間に渡って「バットマン」誌を担当するのであれば、その最高到達点はスコット・スナイダーを凌ぐことにすらなりうるのではないか……と、私には思えます。


 単なる常人でありながら、スーパーパワーを持ったヒーローたちと同等の責任を果たすことを自身の当然の使命とみなし、そんな存在として振る舞いうるために、いつでも死ぬ覚悟を携え続け……ゴッサムという一つの街がはらむその悪も闇も汚辱も、それら全てが自分の責任であるとすら見なし、己の身の丈を越えた妄執にとりつかれた男。そして、その肉体は精神に追いつかない通常のものにすぎないからこそ、いつか必ず死ぬ。……そんな狂気じみたあり方しかできないからこそ、バットマンは、自分が他の誰とも異なること、他の誰も自分を継承することなどできないことを確認した上でしか、そのぎこちないコミュニケーションを始めることはできないのです。
 ひとまず、事件が終結し……その余波で、かつての幼き頃の自分にと似た境遇に陥り心が折れてしまった人物が生まれる、そんなときにどのように接すればよいのかわからなくなったブルースは、アルフレッドに助言を求めることになります。アルフレッドに冷静な言葉を突きつけられたブルースは、自分が何者であるのかを改めて客観視する……それは苦い認識であるのですが、しかし、やはり、バットマンのストーリーとは、ここからしか始まりえないものなのです。


  Alfred. When it happened. Mother and Father. How did you...help me?
  アルフレッド。あれが起きたとき。母と父のことだ。お前は……どうやって、私を救ったのだ?



  Master Bruce, with all due respect...
  ブルースさま、しかるべき敬意を持って申し上げますが……



  ...each night you leave this perfectly lovely house and go leaping off buildings dressed as a giant bat.
  ……毎晩、あなたは、この完璧なまでに心地よい家を後にし、巨大な蝙蝠の装束で建物の上を飛び跳ねに赴きます。



  Do you really think I helped you?
  あなたは本当に、私があなたを助けたとお考えなのですか?











«  | ホーム |  »

このブログについて

 ・毎月第1・第3土曜日に更新しています。それ以外にも不定期に更新していますので、月に2~3回程度の頻度で新しい記事を載せています。


 ・コメント欄は承認制です。管理者の直接の知人でもないのにタメ口で書き込まれたようなコメントは承認しませんのであしからず。


 ・なにか連絡事項のある方は、howardhoax(アットマーク)yahoo.co.jpまでどうぞ。

 

プロフィール

Howard Hoax

Author:Howard Hoax
 読んだ本、見た映画の感想をつづるブログ。基本的にネタバレありです。

 

全記事表示リンク

広告

 

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

広告

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR